×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

プログラム処理中...  多少、描画に時間がかかります!!


- マンデンブロ曲線(集合)について説明すると、
ある複素数Cについて
複素数Z=0;として

・Z*Z+CをZに代入するという反復試行を繰り返す。

・Zが収束か振動する時、複素平面上で、点Cの位置を
プロットする。(黒点を打つ)

・収束・振動を判断する為に本プログラムでは3010回ほど
先の反復試行(D)を繰り返してZの絶対値が2以上の時、
発散と判断した。絶対値2以上の複素数は何故かもう発散
するらしい。確かめたわけではないが。

----
12/15 同年	点の密度を高くした。Firefoxで見れないことに初めて気づいたので直した。
10/23 同年	反復試行Dを30回繰り返すのを軽量化の為に15回に減らし、canvasの横幅を二倍に拡大、ドットの間隔を4/5倍。
08/21 '08  	作成・完成