×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

<<戻る

日記 intime o'

HTABOXcore - HTA 2010/2/23(Tue.)
何かを明後日に向かえ、出発を明日に用意する本日。
いつものようにネット(2chを余裕で含む)を巡回していると、
HTAのスレにて書き込みが。
HTABOXの作成者が何でもmshta.exeに代替する、じゃなくて
寧ろそれを包含する品を作られたそうで。

http://www.vector.co.jp/soft/winnt/util/se481957.html

HTABOXコア。
さっそくダウソしてreadme.txtを開くとHTABOXコア.htmを見
て、と書いてたのでHTABOXコア。htmを読んでみました。

///以下引用
htabox.exeはMSHTA.EXEに置き換わるだけではなく従来の「HTML Application」 では不可能であった以下の機能を提供します。 アプリケーションメニューの生成 アイコンドロップの通知 通常の外観を持つダイアログの生成 起動ドロップファイルによる引数の生成 WIN32APIの呼び出し DLLによる拡張
///引用ここまで 説明書とチュートリアルを兼ねておりかなり丁寧に説明があります。 個人的にメニューが簡単に作れるのがいい。CでWIN32APIやるのが ちょっとだけ馬鹿らしくなりそう。・・・いや冗談。 --- ※1 HTABOX HTAファイルを暗号化してEXEファイルに変換するもの。 実際にはEXEを実行した時にHTAを裏で生成してそれを実行する。

コメ(0) | トラ(0)


(c)Kero's World