×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

<<戻る

日記 intime o'

開かない映画館 2009/10/19(Mon.)
 映画は一人で観なければいけない。

 映画館に行くときに持っていくもの、お金を除いたとして、何を
持っていこうか。ポップコーンやコーラが必要という人がいる。こ
れは入り口の近くの売店で買える。高いので飲み物だけでも事前に
買う者もいる。自分も飲み物くらいは買う。ポップコーンはその場
で買うか、買わないかである。買わないほうが多い。

 自分は雑誌を持っていく。純粋たる映画ファンから見れば呆れら
れるかもしれないし、愚劣な行為と言われるかもしれない。映画は
夢。非現実。映画が終わってあの暗い会場からの避難口を出る時の
夢現が好きな人もいるが、自分は嫌い。夢を過ごした時間を惜しく
思うからだ。(旅行から帰ってきて、身体の疲れがとれても、本当
を言えば、いつも憂鬱なのだ。いや正直に言おう。旅行中も嫌で堪
りませんでした。旅行先でいつもの平日を過ごす忙しい人を見て羨
んでいました。)だから映画中も現実に触れていたい。身近な方法
で、かつ映画ファンにも怒られないのは、題字や作者の名前のスペ
ルを研究すること。外国映画なら、圧倒的に吹き替えよりも字幕ス
ーパー。スタッフロールは最強の薬であるが、一番最後にやるのが
勿体無い。映画の中盤くらいにやってくれないかなあ、と思う。映
画の初めにやる10~20分のCMも夢、と思う。正確には夢へ誘う悪
魔。騙されまい。

 私はエピキュリアンにはなるまい。月刊ムーを行きに買って、ど
うしようもなく詰まらない映画を見た。ムーという雑誌には二つ説
明を加えたい。一、真実性にかける。一、人の多く居る場では開い
て読めない内容。もう一つ言うのを許していただければ、自分が読
者であることを他人に言えない。

 私が主張しているのは、映画を見ながら雑誌を読むから、現実か
ら離れない。と言っているのに現実の事を書いていると思えないよ
うな雑誌を見ると、これまた自然に受け入れられる、妙な気分にな
る。普通の映画を見た後の夢現の気持ちを嫌う自分が、この妙な気
分を好きだというのだ。

 他人と共に映画を観に行くことがある。雑誌など開けられない(
ムーに限らず)。当然私は映画にのめり込み、脱出の時にあの妙な
時間を共有する。一応の感想でも言うか、これから今日一日の計画
を立てることの退屈なこと。

 結局私は初めのCMと最後のスタッフロール以外、スクリーンを
見なかった。ずっと火星のモノリスとか星符とかの記事を、それは
もう、数学の教科書でも読むかのように、した。星が人を霊的に守
ってるんだそうです。私はたしか午年でしたので、この破軍星とか
いうものなんだそうで、それから、

一つ、二つ、三つ、四つ、五つ、六つ、七つ、あ、えっと、ご主人
今何時で? 「五つかと存じます。」
------
[追伸]気取った題をつけてみた。実のところ、この題は文章の内容
と特別、踏まえたわけでもないし、そうして興味を示さないよね。

コメ(0) | トラ(0)


(c)Kero's World