×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

<<戻る

日記 intime o'

クリップボード(JScript)と反転選択 - JavaScript 2009/4/9(Thu.)

クリップボード(JScript)
var obj = clipboardData;
var buf = obj.getData("Text");//クリップボードにコピーされた文字列を取得
obj.setData("Text", "コピーされる文章");//クリップボードに第二引数をコピー


ウィンドウ上でドラッグ→反転選択された文字列の取得
var str = document.getSelection();//String型
var obj = window.getSelection();//Object型

window.getSelection()では反転選択された文字列に関するオブジェクトが取得される。
window.getSelection().toString()はdocument.getSelection()に等しい。

window.getSelection()オブジェクトは以下の要素を持つ。

QueryInterface : function QueryInterface()
anchorNode : [object HTMLFormElement]
anchorOffset : 1
focusNode : [object HTMLFormElement]
focusOffset : 1
isCollapsed : true
rangeCount : 1
getRangeAt : function getRangeAt()
collapse : function collapse()
extend : function extend()
collapseToStart : function collapseToStart()
collapseToEnd : function collapseToEnd()
containsNode : function containsNode()
selectAllChildren : function selectAllChildren()
addRange : function addRange()
removeRange : function removeRange()
removeAllRanges : function removeAllRanges()
deleteFromDocument : function deleteFromDocument()
selectionLanguageChange : function selectionLanguageChange()

コメ(0) | トラ(0)


(c)Kero's World